エッセイコーナー
556.新著:フォト短歌エッセイ集『知足』完成  2020年12月30日

フォト短歌エッセイ集シリーズ第5作目『知足』が出来上がった。
2016年6月から2019年5月迄の出来事や思い出をエッセイに、撮り溜めた写真に短歌を詠んだフォト短歌。写真に詩と短歌のコラボ、フォト詩歌を編纂したもの。全116ページのフルカラー版となる。
本編の6ページ目には、私が営むトレーニングセンターで熱心にトレーニングに打ち込み、2016年6月開催の第15回オールジャパンアームレスリング選手権大会A2クラス・ライトハンド(-90kg級)の部で、見事金メダルを獲得した小山寿喜(当時21歳)君のことを掲載した。当時の地元紙にもそのことが紹介されている。
彼は同じく2016年秋に開催された希望郷いわて国体パワーリフティング選手権大会の補助員として、自ら進んで一生懸命手伝ってくれた。仕事も平泉町役場職員として真面目に勤めていた。しかしながら今年10月上旬、弱冠25歳、帰らぬ人となった。全てに於いて、「これからだ」と云うのに・・・。

著書の中盤には、台湾旅行や香港の思い出なども掲載したが、別冊『香港・台湾游々紀行『シャンカン、フォルモサの旅情にふれて』として刊行している為、当著では旅の初日のみを掲載することにした。
他はその時々の自治に関することや出来事などを、独自サイトやブログ等に投稿したものを加筆修正し、一冊に纏めた。

今年も拙い当ブログにお越しくださり、心より感謝申し上げます。
2020年も明日で終わりを迎え、2日後には新たな希望の年が始まろうとしています。新型コロナの惨禍にめげることなく、輝ける一年でありますことを心から祈るばかりです。


フォト短歌「五作目」  



≪return    Tweet   
ブックオフオンライン