エッセイコーナー
395.毛越寺法灯会2019「灯籠に揮毫」  2019年7月19日

今回で9回目を迎える毛越寺法灯会(8月16日)の灯籠に、願い事を書きに毛越寺を訪れた。
今回灯籠に揮毫(筆ペンだが)したのは「五風十雨」「内平外成」「地平天成」の3つの四字熟語。今年は3つとも世界平和、泰平祈願など、同じような意味合いの常套句を書いた。
日本海を隔て、俄に両国間の国民感情の縺れ、露骨なまでの対立姿勢、このままエスカレートすれば、最悪のシナリオに発展し得る深刻な状況だと云わざるを得ない。

本来なら、両国の同盟国である大国のトップが、仲裁に入り「もうよしなさいよ」と執り成すところだろうが、その大国のトップは、過去の悪しき自国の汚穢とも云える人種差別を復活させようと必死の様子だ。とても他のことまでかまっちゃいられないのであろう。
日韓関係は益々泥沼化の様相を呈している。

また、国内では昨日(7月18日)、平成以降最悪の放火事件が京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」スタジオで起きた。
死者数33名、他に35名が負傷、そのうち10名が重傷と云う前代未聞の凄惨な放火殺人事件となった。
被害者の殆どがアニメ界でも名の知られたクリエーターだと云われている。日本、いや世界のアニメファンにかなりの衝撃を与えた。
容疑者は現在重体とのことだが、容態が回復次第、動機が判明するものと思われる。
犠牲者に哀悼の誠を捧げるとともに、二度とこのような事件が起きないことを願いつつ、毛越寺を後にしたのだった。

◆毛越寺法灯会(令和元年8月16日)
開門・受付:午後5時45分~
法要:午後6時45分~
終了:午後8時10分頃
※小雨決行

浄土庭園・大泉ヶ池に浮かべる灯籠の申し込みが既に始まっている。直接訪れての自筆も良し、遠方の場合は郵便振替での申し込みが可能。灯籠は1個につき1,000円(奉納金)。何個でも可。
因みに奉納金は震災孤児や世界の恵まれない子供たちのために寄付される。

詳しくは毛越寺ホームページを確認
http://www.motsuji.or.jp/法灯会

また、当日は毛越寺境内と観自在王院跡で、NPO法人みんなで作る平泉による「浄土のあかり」が同時開催される。


フォト短歌「私小説」


≪return    Tweet   
ブックオフオンライン