エッセイコーナー
383.草刈り本番  2019年5月25日

お田植えも無事に終わり、現在は草刈り作業に追われている。
例年5月の草刈りと云えば、比較的涼しいなかでの作業と云った印象だが、涼しいどころか暑いなかでの作業は、未だ暑さに慣れていないこともあってかなりしんどい。
今日は朝の草刈り後に、中山間事業の一貫で3年程前に購入した草刈りモア(フレールモア)の取り付け作業を行った。

我が家は年季の入ったトラクターを大切に使用している為、トラクターへの取り付けがなかなか厄介なのだ。
「ワンタッチ」と云う訳にはいかず、毎回腰の調子を気にしながらの作業となる。
と云うのも、以前取り付け中に腰を痛めたことがあり、取り付け作業の前日は憂鬱なのである。
今回は割とスムーズに取り付けることができ、ほっと安堵の胸を撫で下ろした次第である。

我が家では、一巡目の草刈りを終えるのに約一ヶ月程の時間を要する。毎日の作業は、腰や膝への負担は相当なもの。
若い当時は一晩寝れば疲労も取れ、膝や腰など少々痛くとも回復は早かった。しかしながら寄る年波には勝てず、回復には時間を要する。況してや何らかの後押しが必要となる。
そんなこともあり、時間をみては温泉に顎の下までどっぷりと浸かり、疲労を取りつつ、英気を養わなければならない。
それにしても草は次から次と、無尽蔵に、伸び狂う。勢力を増した雑草はとても手に負えない。
いやはや、ため息のみがでるばかり・・・。

フォト短歌「お湯にどっぷり」
ここ数日、夜な夜な帰宅途中に子狐が出没している。8年前のこの時期、やはり帰宅途中に出会った子狐に「ごんた」と名前をつけ、タイトルを「子狐ごんたとの出逢い」として動画を公開した。
当時のごんたは警戒心もなく、舗装道路上に寝転んだりしていたが、今回の子狐はそこまではいかないまでも、他の狐らと違ってかなり警戒心はなく、悠々としている。いずれ動画や写真が揃い次第、またYoutube動画を作成してみたい。


≪return    Tweet   
ブックオフオンライン