エッセイコーナー
584.梅→桜→石楠花→カルミア→紫陽花  2021年4月15日

岩手県南の桜も既に満開から零れ桜と、そして葉桜を愛でる頃合いへと移ろうなか、みちのくあじさい園ではあじさい祭りを迎えるべく準備が始まっている。
あじさい祭りは6月下旬から7月下旬迄の約ひと月間だが、その前に、今月の下旬から5月中旬にかけ、毎年数を増やし、現在は50種350株の石楠花(しゃくなげ)が見頃を迎える。
その石楠花が終わり始めた頃から、日本ではなかなかお目にかかれない15種類のカルミア(日本唯一)が目を楽しませてくれる。そして6月下旬より5百種6万株以上の紫陽花が15ヘクタールの林間に咲き誇り、本番のみちのくあじさい祭りが開催される。


 
 
     
フォト短歌「みちのくの花」



≪return    Tweet   
ブックオフオンライン