エッセイコーナー
97.フォト短歌の経緯と由来  2014年9月6日

私が短歌を作り始めたのは高校生の頃からだった。それも無意識のうちに浮かんだ時のみの作歌で、「よし作ろう」「ほんじゃ詠もうか」といった特別ポジティブな詠歌ではなかった。
思い出したように、時折自然に湧いてくる言の葉を、三十一文字にただのせるだけのものだった。
おそらく当時、祖母が短冊に自作の短歌を揮毫しているのをみて、「ほんじゃ、俺もやってみっぺか!」といった程度のものだったように記憶している。

勿論、とりわけどこかの短歌会に所属するとか、何処ぞの結社に入るだとか、ましてや賞典目的の公募展に応募するなどは全く眼中になかった。つまりは自己満足で独り善がりの詠草だった。
勿論今でもその基本的なスタンスは殆ど変わることはないが、地元の短歌同好会(游の会)に所属し、せめて独り善がりだけは解消しようと努力している。

当時の内容といえば、やはり青春時代真っ只中ということもあって、片思いなどを詠んだ恋歌などの抒情歌が圧倒的に多かった。花鳥風月の美しさや自然の妙に感銘を受け、叙景を吟ずるなどはあまりなかったように思う。
ましてや日常を歌にする生活詠や、右や左を論評し、世の中の憂慮を歌う社会詠などには全くと言っていいほど関心はなかった。
その後社会人となって詠む機会がめっきりと減ったものの、時偶思い出しては大学ノートにメモ書きする程度の詠草が暫く続いた。

かれこれ今から17・8年程前、Windows95が発売され、初めて念願のパソコンを手に入れた。それ以前はワープロが主流だった文書作成に、パソコン標準搭載の文書作成ソフト一太郎に夢中になった。表計算は同じジャストシステムのロータス123が主流だった頃の話だ。
後にマイクロソフトのOfficeが一般標準となり、文書作成はWord、表計算はExcelの流れが主流となった。
それと同じ頃、私はホームページ作成に興味を持ちはじめた。
IBMのノートパソコンに標準搭載のWebサイト作成ソフト「ホームページビルダー」を立ち上げ、自己流だがサイト作りに没頭したものだった。オリジナルに拘るWebサイト構築には、先ず写真の加工技術が必要と感じていた。

写真に文字を入れるなどは必要最低限の作業であり、パソコンに標準搭載のペイントソフトでも勿論可能だが、どうしても出来がイマイチである。
なので、私はホームページビルダー付属の画像編集ソフト、Webアートデザイナーを使って作業に取り掛かることにした。現在ではPhotoshopを使用し、サイトのコーディングなどはDreamweaverやCMSがメインとなる。
それと平行して写真撮影にも力を注いだ。自分で撮影した写真に短歌を詠み、画像編集ソフトで文字入れをするなどの編集加工を施すようになった。それら一連の作業の面白さも手伝い、仕事の合間を縫ってはかなりの数を作りためた。
今では3000作(首)近くはあるだろうか。

作りためた作品を、パソコンのハードディスクに保存するばかりでは物足りなさを感じ、どうせならホームページで公開しようと始めたのが今から7・8年程前のことだった。
はてさて、タイトルを何にしようか色々考えた挙句、「フォト短歌」が良いのではないかと思いたった。
写真を見て、それに短歌を詠むことは以前からあったが、それでは「写真と短歌」或いは「フォトに短歌」などと呼ぶにはいいが、流石に「フォト短歌」と呼ぶには抵抗がある。
写真と短歌がコラボレートされて初めて、「フォト短歌」と呼ぶに相応しいと思い至ったのだった。

特定の独自タイトルで、ウェブ上に公開するとなると商標登録や著作権に抵触する可能性がある。そんなことからキーワード検索で色々調べてみることにしたが、「フォト短歌」の検索では全くヒットしない事が確かめられた。
その確認と同時に、「フォト短歌」という呼称で公開に踏み切ったのがそもそもの始まりである。

最近では私以外にも、「フォト短歌」を名乗るサイトを見かけるようになった。それだけ浸透してきた証しとして喜ばしいことだが、その半面ちょっとばかり悲しいこともある。
つい最近まで、「フォト短歌」というキーワードで検索すると、常に一番上に表示されていた私のサイトが、SEO対策上の問題なのか、トップの座から滑り落ちてしまうといった無念さ、屈辱感を味わっている。
確かに、ブログの引っ越しやサイトの見直し、再構築なども過去に何度かあったが、本音と希望を言えば、先願主義というか、先に公開したサイトを優先することを願い、検索エンジンの更なる進化を期待したい。  

また、ウェブ上での公開以外に、私にとっては初の上梓となるフォト短歌集「糊口の杜」のタイトルで、一冊の本に纏めてみた。これはウェブ上でも読め、見ることが出来るが、今後も私のライフワークとして、積極的に、制作に精を出していきたいと思っている。

   
 フォト短歌(メインサイト)
 フォト短歌集「糊口の杜」紹介サイト
 フォト短歌Amebaブログ(現在更新中のブログ) 
 フォト短歌Yahooブログ(過去のブログ)



≪return    Tweet   
ブックオフオンライン