エッセイコーナー
560.シュワちゃんの怒り  2021年1月13日

元カリフォルニア州知事のシュワ(アーノルド・シュワルツェネッガー)ちゃんが前大統領のトラちゃんを痛烈に批判している。
トランプ支持者らが議会に乱入したことを受けてのようだが、往生際が悪過ぎる。
シュワちゃんと云えば『ターミネーター』や『プレデター』などのスーパースターとして知らない人はいないのではないだろうか。

私はシュワちゃんの映画は殆ど観ている。
なかでも『パンピング・アイアン』や『コナン・ザ・グレート』などシュワちゃんの初期の映画は、私自身のトレーニングにかなりの影響を与えた。特に内外作用を利用した二頭筋のトレーニングはシュワちゃんのトレーニングを参考にしたものだ。
『パンピングアイアン』には、ボディビル界最高峰のミスター・オリンピア6連覇当時のトレーニング風景や大会の様子など、最盛期の筋肉が収められている。
シュワちゃんは全世界のトレーニーにとって、憧れ中の憧れの存在だった。

また、マッスル最盛期の映像と云えば『コマンドー』を忘れてはなるまい。
内容はシュワちゃん扮するジョン・メイトリックスが、誘拐された娘のジェニーを敵のアジトに一人で乗り込み、片っ端から機関銃やバズーカ砲でやっつけ、無事にジェニーを救うと云った単純明快な内容だが、私はこの映画が大好きで何度も観たものだ。
クライマックスシーンではアメリカ軍特殊部隊の元部下であり、メイトリックスに恨みを抱くベネットとの一騎打ちが、肉弾戦としての見どころである。

話は映画から離れ、実際のコマンドーは特殊攻撃部隊・特殊奇襲隊の意味だが、アメリカ軍のコマンド部隊もイラク戦争やアフガン紛争では多くの犠牲者を出したと思う。
私は決して戦争を肯定する訳でも、アメリカ軍のシンパでもないが、シュワちゃん主演の『コマンドー』や、退役軍人へのオマージュとして歌われた『You Raise Me Up』が心に残って離れないのである。


フォト短歌「じめりゆき」  


≪return    Tweet   
ブックオフオンライン