エッセイコーナー
140.毛越寺浄土庭園「法灯会(灯籠申込み)」  2015年8月6日

本来なら、お墓掃除は明日の8月7日なのだが、駐車場が混雑することもあって今朝おふくろと一緒に行くことになった。
足の悪いおふくろの為に、極力車が入れるギリギリまで進みたかったのだが、早目に行ったつもりが既に先客があった。
止む無くおふくろが下車した後、上の駐車場まで戻ることにした。
我が家の墓地まで砂利道をゆっくりと下っていくと、停めてあった数台とも全て親類の車であった。
近在に住まう親類は23世帯、血の濃さは薄くとも考えは皆一緒のようだ。

今日は広島に原爆が投下された日。菩提寺の代々碑や自宅裏山にある旧墓の掃除を済ませ、自宅に戻り原爆記念館前からの生中継を観、1分間の黙祷の後、広島市長の秀逸な平和宣言やこども代表の佳良な平和への誓いを聞き、そそくさと平泉の事務所に向かった。
先日、ドキュメンタリー映画『二重被爆』のDVDを観賞した。原爆の恐ろしさや虚しさ、愚かさが心に染み込んでいただけに、今朝の平和記念式典を観ただけで胸がいっぱいになった。

原爆は勿論、戦争の愚かさ虚しさを思いつつ、仕事の合間を縫い、8月16日毛越寺の大泉ヶ池で行われる法灯会に奉納する灯籠を申込みに行ってきた。今回は「世界平和」「脱原発」「無病息災」を祈願し、心を込めて書いてきた。

毛越寺では、奉納する灯籠(1個につき1.000円 何個でも可)を募集している。8月16日の法灯会当日迄受け付けているようだが、早目に申込まれた方が賢明かと。
因みに、奉納金は全額、震災孤児や世界の恵まれない子供たちのために寄付される。

※直接(毛越寺事務所)行って申し込め(直筆可)、また郵便振替でも申し込める。

法灯会・灯籠申込用紙>>


 



≪return    Tweet   
ブックオフオンライン