エッセイコーナー
115.ホワイトアウト  2015年1月7日 

今日の岩手県内陸部(だけではなかったようだ)は随分と吹雪いた。
平泉町から北上市に向かう為に国道4号線を北上した。衣川を過ぎ、前沢に入る手前でいつも右に行こうか左に入ろうかと、Y字路で迷うのだが、国道4号線は間違いなく混んでいるだろう。特に金ケ崎近辺は最悪だ。
そんなこんなと道路の混み具合が脳裏に浮かび、やはり左だなということで、ハンドルを左に切り、農免農道を北上することになった。

この時季、天候が荒れると最悪の状況になることは知ってのことだが、進むにつれ、次第に天候が荒れてくるではないか。ところどころホワイトアウトの状態である。にも関わらず、後方のみならず対向車線は大型トラックがバンバンとスピードを上げ、雪煙をあげながらホワイトアウトを更に助長している。
ワイパーには氷が付着し、視界が利かない。
はてさてどうしたものか、進むべきか戻るべきか、それとも東方面に進路を変え国道4号線を目指そうか。

迷いながらも慎重に前に進むと、前方に徐行しながらゆっくりと進む1台の大型車が確認できた。
普段なら、大型車は避けたいところだが、こんな時は黙ってついて行く方が利口だろう。
今日はその毛嫌いする大型車のお蔭で、無事に目的地に着いたのだった。

後にニュースで知ったが、県内の高速道路やあちこちの一般道でもかなりの事故があったようだ。
やはりこんな日は、黙ってじっとしている方が身の為である。


      こっちのホワイトアウトはもっと深刻だ
       原発ホワイトアウト


≪return    Tweet   
ブックオフオンライン